簡単で便利な事業者ローンを使おう~金融機関ヘルパー~

貯金箱

お金を借りる

キャッシュカード

貸金の総量規制が施行され一般の消費者金融では年収の3分の1までしか借り入れができません。銀行で借り入れる場合はこの規制の対象外になりますので、銀行独自でカードローンを販売し即日融資を行っているところもあります。

» 詳細へ

自分の家を持つということ

貯金箱

家を持つためには多額の資金が必要になります。住宅資金の一部は持っていたとしても、残りの金額は住宅ローンを組むことになるはずです。そして、月々の支払い可能額を知るために、しばらくは家計簿を付けてみると良いでしょう。また、金融機関が提供するシミュレーションを利用してみることです。

» 詳細へ

自宅を活用した資金調達

お金

不動産担保ローンは今後も様々な場面で活用されることが予測可能であり、特にリフォームやシニア層の新規起業時の利用が増えるでしょう。自宅を担保にして低金利で融資が受けられるのが不動産担保ローンの魅力であり、教育や医療費などで活用する個人が多いです。

» 詳細へ

融資制度の選択

様々な機関の活用

スーツ

事業者は事業運営を行っていく中で資金調達が必要となる場面がある。設備投資、手形、買掛金の決済、賞与資金など目的は様々である。手続きも楽で便利なメインバンクの事業者ローンを利用するケースが多いが、公的機関や行政の事業者ローンも活用すべきだろう。窓口は政府系の機関や役所、など様々である。ただし、期間限定のものが多いので常に情報収集が必要である。また、同じ金融機関でも、メガバンクではなく、地方銀行や、信用金庫、信用組合なども広く活用すべきである。金額面や金利面ではメガバンクに劣るかもしれないが、その地方ならでは融資制度や、地元金融機関だからこそ持つ情報などもあり、様々な金融機関と付き合いをすることは有益となっている。

それぞれの機関の魅力

金融機関でも使い分けが必要である。公的な機関の事業者ローンは手続きは少し面倒で融資実行までに時間はかかるといったデメリットもあるが、金利面や貸付期間、保証条件などではかなり優遇されることがある。また、時代の要請に応じた融資制度もあり、ちょっとした資金や突発的な資金需要などには有効である。また、メガバンクはトップの方針で融資姿勢ががらりと変わることがあるが、地方銀行や、信用金庫、信用組合などは、地元の企業を大切にするといったところはメガバンクより勝っており、いざというときには頼りになる存在になる。ただし、大きな設備投資となると、やはりメガバンクの事業者ローンに頼らざるを得ないこともあり、各金融機関の特徴にあった活用をすべきである。